日本グローブ工業会

日本グローブ工業会は、家庭用・作業用・医療用の各種手袋を通じて、お客様の日々の暮らしと産業および医療活動の安全・衛生を支える取り組みを推進しています。

日本グローブ工業会の家庭用手袋

家庭用手袋は、素材別には大きく分けてゴム製とビニル製の二つとなり、ゴムはさらに天然ゴム製と合成ゴム(ニトリルゴム)製に分かれます。

手袋はさらに素材の厚さによって「厚手」、「中厚手」、「薄手」の3種類に分かれますが、需要の傾向としては年々厚手から中厚手、薄手へとシフトしつつあります。
これは手袋の使用目的の中で、「水が冷たいから」のウェイトが以前に比べ減少し、「手荒れ防止」「手の汚れを防ぐ」が拡大していることが反映しているものと思われます。
今後については、素材開発や技術開発を進めていく過程で、この分類にとらわれない商品が出てくるケースも考えられます。

家庭用手袋の主な用途は、一般的な家事(食器洗い、台所掃除、洗濯、浴槽洗い、トイレ掃除)のほか、洗車、DIY.ガーデニング等の屋外での用途にも広がっています。なお、素材別の主な特徴は次の通りです。

素材 特長 欠点
天然ゴム手袋 柔軟性があり、手の動きにフィットする。低温下でも柔らかく、引き裂きや傷に強い。 油、溶剤に弱い。
ニトリルゴム手袋 油、薬品への耐性が天然ゴムやビニル製に比べ優れている。耐突刺し特性に優れている。 やや柔軟性に欠ける。
ビニル手袋 耐油、耐薬品、耐候性に比較的優れている。 熱、引き裂きに弱い。

家庭用手袋を安心して使用していただくために

当工業会では、家庭用手袋を安全かつ適正に使用していただくために、「家庭用手袋の品質表示要領」を制定し、必要な表示項目と使用上の注意事項を規定し、これの徹底を図っています。

手袋の材質によって異なる特性がお客様にわかるよう、使用上の注意を定めており、その主な内容は次の通りです。

【共通項目】天然ゴム手袋、ビニル手袋、ニトリルゴム手袋

  • アレルギー反応などにより、体質によってはかゆみ・かぶれ・発疹等を起こすことがあります。異常を感じたら使用を中止し、医師に相談してください。
  • 熱いものには触れないで下さい。
  • 爪先、刃物や尖ったもの等で傷をつけないようにご注意下さい。水漏れの原因になります。
  • 感電のおそれがありますので、電気作業には使用しないで下さい。
  • 使用後は汚れを良く洗い落とし,陰干ししてください。保管は直射日光を避けて保管してください。

【天然ゴム手袋】

  • 高濃度の薬品や溶剤(ガソリン、ベンジン等)には使用しないで下さい。
  • 家庭用洗浄剤、洗剤、漂白剤、油等がついた場合は使用後よく洗い落としてください。

【ビニル手袋】

  • 調理用には使用しないで下さい。
  • ビニルは60℃以上の熱に弱いので、熱いものには触れないで下さい。
  • 高濃度の薬品や溶剤(ガソリン、ベンジン等)には長時間使用しないで下さい。硬化することがあります。
  • 植物油、灯油等油類がついた場合は早めに洗い落としてください。

【ニトリル手袋】

  • 高濃度の薬品や溶剤(ガソリン、ベンジン等)には長時間使用しないで下さい。
  • 植物油、灯油等油類がついた場合は早めに洗い落としてください。

家庭用手袋における手荒れについて

手袋を使用する上での注意としてごく稀に接触性皮膚炎及びアレルギー性接触性皮膚炎で「手あれ」する場合があります。

注意

使用中に赤み、はれ、痒みなどの症状が現れた場合は、ご使用を中止してください。また、手荒れの症状が継続するならば皮膚科専門医にご相談ください。

※上記の症状が現れた場合、軽度であれば緩和対策として、以下のことをお勧めいたします。

対策

  • 綿製の下ばき手袋を使用し、手袋内面の刺激を緩和する。
  • 素材の違う手袋(天然ゴム手袋、ニトリルゴム手袋、塩化ビニル樹脂手袋)を使用することで手袋に含まれている化学物質からの刺激を緩和する。

手袋による手あれには、症状により以下のタイプ及び原因が考えられます。

分類

一次刺激性接触性皮膚炎(ICD、Irritant Contact Dermatitis)

原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まる。アレルギーは無関係なので、誰でも起こりうる。

【原因】

手袋内のムレ、植毛パイルの物理的な刺激、手袋加工薬剤で起こる。

【一般的な原因】

  • 油・洗剤・石鹸などの刺激の強い物質で起こる。
  • おむつかぶれは、尿や便が細菌によって分解されてできるアンモニアによる刺激で生じる。

アレルギー性接触性皮膚炎(ACD、Allergic Contact Dermatitis)

原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。次に、またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する。原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関しない。アレルギーのある人のみ生じる。

【原因】

手袋のアレルゲンとしては、ラッテクスタンパク質、加硫促進剤、可塑剤、熱安定剤などのゴム及び塩化ビニル樹脂の添加剤が関与する。

【一般的な原因】

  • 化粧品・外用剤などの原因となる物質を皮膚に接触させることで、アレルギー反応が生じ、発症することが有名である。
  • 植物の原因として、サクラソウ・菊・マンゴー・銀杏が有名である。
  • 歯科金属アレルギーもみられる。
  • アレルギーの原因物質で有名なものは、プリミン(サクラソウに含まれる)・ウルシオール(漆に含まれる)・パラフェニレンジアミン(ヘヤダイに含まれる)がある。

≪出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」≫

現在地:トップページ家庭用手袋